Oculus Quest

Oculus Quset徹底レビュー!初期設定・セットアップの方法まとめ

Oculus-Quest-thumbnail

 

お久しぶりの更新となります。KSK360(@ksk360review)です。

ついに購入してしまいました大人気VRヘッドセット「Oculus Quset」!

公式サイトでも品切れになっていたり、Amazonなどの大手ECサイトでも入荷待ちが続いているところを見る限り、未だにその人気ぶりがうかがえます。

今回は「VRに興味があるけど、Oculus Questって具体的にどんなところが良いの?」という方に向けて、簡単にOculus Questの特徴や初期設定の方法などをまとめていこうと思います。

【この記事を読んで分かること!】

①Oculus Questの凄いところ

②Oculus Questの詳しい初期設定方法

③実際に使ってみて分かった感想

Oculus Questのここがスゴい3つのポイント!

身体全身を使ってVR空間を動き回れる高い没入感!

まずはこちらのPVを見ていただくと、Oculus Questでできることのイメージがつきやすいかもしれません。

Oculus Questは「6Dof」に対応しており、頭の動きだけでなく、身体の動きにも対応しています。つまり簡単に言えば、従来の「視界の移動」に加えて、自由にVRの世界を移動できるようになったということです。これがとんでもなく高い没入感を生み出しています。

「狭い部屋で動き回ったら、壁にぶつかったりして危険じゃない?」と思った方もご安心ください。Oculus Questには、指定した範囲から出てしまった時に警告が表示される「ガーディアンシステム」と、デバイスを装着したままでも外部カメラで周囲を見渡すことができる「パススルー」機能が搭載されています。

「6Dof」のヘッドセットは上位機種となるので少しお値段が高くなってしまうのですが、得られる体験の幅やVRヘの没入感は大きく異なります。

ゲームやアプリも充実!PCと接続すれば可能性は無限大!

Oculus QuestにはPCと接続することで、Steamなどで公開されているPC向けのVRゲームを遊ぶことができる「Oculus Link」が搭載されています。

Oculus Questで遊べるゲームやアプリも割と充実しているのですが、PCと接続できることで更にラインナップが充実しますし、より解像度の高いグラフィックで楽しむという選択肢が増えます。

ただ使用しているPCのグラフィックボードがOculus Linkに対応しているかどうか、事前にチェックした方が良いかもしれません。

単体で遊べるのはもちろん、PC接続も対応しているという拡張性の高さが魅力的です。

Oculus Linkに関しては、おめがシスターズさんの動画が非常に分かりやすかったので、こちらを見ていただければ恐らく1発で分かります。

アップデートが頻繁で続々と新たな機能が追加!

Oculus Questのアップデートは非常に頻繁に実施されています。先ほどの「Oculus Link」をはじめ、2020年2月には新たに「ハンドトラッキングの自動起動」が加わりました。

ハンドトラッキングはコントローラーを使用せずに、自分の手を動かすだけで画面を操作できるというものです。まさに近未来のイメージをそのまま体現していますね。

その他にもホーム画面の刷新や、ブラウザの使いやすさ向上など細かな改良が積極的に重ねられています。FaceBookが非常に力を入れて開発していることが伝わってきますね。

今後も思いも寄らない新機能が追加されることがあるかもしれません。


 

Oculus Quest開封/中身の紹介

前置きが長くなりました!まずはOculus Questを開封していきましょう。

僕は64GBモデルを購入しました。

oculus-quest

中身はこのような感じです。

oculus-quest

【同梱されているもの】

●Oculus Questヘッドセット本体

●Touchコントローラー2機

●15ワット電源アダプター

●充電ケーブル

●眼鏡スペーサー

oculus-quest正面

ヘッドセットを正面から見た様子です。外側にカメラやセンサーがついていますね。

ヘッドセットを被った時に右側に電源ボタンがあります。

oculus-quest下側

ヘッドセットの下側にはレンズのピント調整と音量調整ボタンが付いています。

ヘッドセットを被ると頭の上の部分のバンドを調整してちょうど良い位置に固定することができます。眼鏡スペーサーも付いているので、眼鏡をかけている方も快適にVRを楽しむことができます。

Oculus Questの設定方法

①まずはOculusのアプリをダウンロード

まずはApp StoreかGoogle PlayからOculusのアプリをダウンロードしましょう!

Oculus

Oculus

Oculus VR, LLC無料posted withアプリーチ

②アカウントの作成

アプリを無事にインストールできたら次はアカウントの登録です。

oculusログイン画面

FaceBookのアカウントを持っている場合はFaceBookアカウントでログイン可能です。

※FaceBookアカウントがない場合は、メールアドレスの登録でOculusのアカウントを別途作成することもできます。

ログイン完了後はユーザーネームの設定と4ケタのパスワードの設定に進みます。

4ケタのパスワードはアプリの購入時、ヘッドセットのアンロックなどにも使うことになる大切な番号なので忘れないように気をつけましょう。

 

③プライバシーの設定

プライバシー設定

Oculusの初期設定では「本名の閲覧と検索」「アクティビティのプライバシー」などの設定が「誰でも」になっています。

使っているアプリなどがSNSに筒抜けになるのは精神衛生上よくないと思いますので必要に応じて変更されることをオススメします。

④Oculus Questと接続

デバイス選択

まずはヘッドセットの種類を選択します。Oculus Questを選びましょう。

OculusQuestと接続

Oculus Questとスマートフォンのベアリングを設定していきます。

OculusQuestと接続

設定は電源ケーブルをつないだ状態で行いましょう。

OculusQuestと接続

ヘッドセットの電源ボタンを2秒以上押して電源をオンにします。

OculusQuestと接続

ベアリングが完了したらWi-Fiの接続設定です。

wi-fi接続

パスワードなどを入力していきます。

ヘッドセット接続完了

これでヘッドセットの接続は完了です。簡単ですね。

⑤コントローラーのベアリング

コントローラーの設定

次はコントローラーの設定です。付属の電池を入れるだけでOKです。

コントローラーの設定完了

自動的にベアリングが完了します。

⑥言語設定/動画チュートリアル

言語選択

言語選択になるので日本語を選びましょう。

Oculus Questの動画

最後に安全な利用方法に関しての短めのチュートリアル動画を視聴します。

設定完了

動画を視聴したら「同意する」ボタンを押して設定は完了!お疲れ様でした。

Oculus Questのストラップ/フォーカスの調整方法

ヘッドセットの調整

ヘッドセットには調整可能なストラップが3本あります。

Oculus Questのストラップ

サイドストラップを締めていきます。どちらかというと重要なのは頭の上にあるストラップです。ここで良い感じの位置に固定します。

ヘッドセットの調整

後頭部にピッタリとフィットさせるように被ると、重みが軽減されて良い感じになります。

Oculus Questのフォーカス

本体の傾きを調整することで、映像の見え方がはっきりします。

ピントの調節

フォーカスの調整はヘッドセットの左下にあるスライダーを左右に動かすことで調整することができます。

Oculus Questをしばらく使ってみた正直な感想

6Dofの没入感は半端じゃない!楽しく運動もできて最高

Oculus Questを持っている人であればほとんどの人が購入しているであろう「Beat Saber」というゲームがあります。簡単に言えばライトセーバーでブロックを叩き斬る音ゲーなのですが、これが本当に凄い。このゲームをやるだけでもOculus Questを買ってよかったと思えるほど感動しました。

このBeat Saberですが、本気でやっているとめちゃくちゃ汗をかきます。それくらい運動量が激しいです。中途半端にスポーツジムに通うくらいなら、VRのゲームを本気で家でやったほうが効果的なのではないかと思っています笑

ヘッドセットが汗で汚れてしまうのを防ぐために、洗うことができるフェイスカバーなどを別途用意すると捗ること間違いなしです。

ゲームの価格が高いのでそこまで気軽には遊べない

ストアを見ていると魅力的なゲームはたくさんあるのですが、1,500円〜3,000円位の価格帯のものが多く、なかなか気軽にポンポン買えるものではないかもしれません。

スタンドアロン型のOculus Questの場合、フレームレートを落とさず快適に利用できるゲームを開発するのは難しく、またストアの審査も非常に厳しいと言われています。

ストアにゲームをリリースするまでにかかっている膨大な時間と労力を考えると、このような値段設定も頷けるのではないでしょうか。

ただ欲を言えばもう少しだけ全体的に安くなってくれれば嬉しいですね笑

「動画視聴」に関しては、AmazonやYouTube、Netflixなどのアプリが無料で利用できるので、全く問題ありません。

また「VR Chat」などの無料で遊べるアプリも充実しているので、楽しく時間が過ごせるかと思います。

映像を共有しながら遊ぶには「Chrome Cast」がオススメ

Oculus QuestでBeat Saberなどのゲームをやる時に、自分の見ている映像を一緒にいる人と共有しながら楽しみたいという場面も多々あるかと思います。

テレビやモニターなど大きめの画面に映してOculus Questのゲームを楽しみたいという場合にもっともオススメなのは「Chrome Cast」を使ってミラーリングする方法です。

Chrome Castシリーズであればほとんどの機種で、ミラーリングができるようですが、僕は性能なども考えて4Kやイーサネット接続にも対応している「Chromecast Ultra」を購入しました。
 


 
結論を言えばChromecastを購入して良かったです。むしろ必須かもしれません。

テレビなどの大きな画面にミラーリングしながら遊ぶと、よりVRのゲームを楽しめますし、プレイ動画をキャプチャしたい時にも重宝しています。

別の記事でChromecast Ultraの使い方などをまとめていく予定です!

終わりに

僕は以前、Oculus Questの廉価版である「Oculus Go」を購入しています。

Oculus-Goのサムネイル
【Oculus Go】VR初心者にオススメ/購入方法からセットアップまでVR入門機の決定版「Oculus Go」を購入したのでレビュー!初心者にオススメの理由や、Oculus Goのセットアップ方法などまとめてみました。今年こそVRを始めてみませんか?...

 
Oculus Goは「VRの映像を楽しむ」という目的であれば、価格も抑えられますし、非常に良い選択肢になります。

しかしながら「VRゲームを楽しむ」となると、3Dofでは物足りなくなってしまうというのが正直なところです。

目的によって2つを使い分けることがベストなので、どちらを購入すべきか悩んでいる方のために「Oculus Quest」と「Oculsu Go」を比較した記事も追々作成しようと思っています。

少しでもこの記事がお役に立てば嬉しいです。それではまた!