自転車

スピンバイク買うならハイガーHG-YX-5006がおすすめな理由

haige_YX-5006A

どうも!KSK360(@ksk360review)です。

皆さんお家で過ごす時間、楽しめていますか?

なかなか気軽に外に出て走ったり、ジムに行ったりするのが難しい中、運動不足になりがちな方も多いのではないでしょうか。

最近家で運動を本格的に始めようと決意し、ハイガーのスピンバイク「HG-YX-5006」を購入してみました!これが予想以上に良かったので皆さんにシェアするためにレビューを書きたいと思います。

【この記事を読んで分かること!】

①HG-YX-5006を選んだ理由

②実際に使ってみた感想(良いところ・悪いところ)

③HG-YX-5006をさらに活用する方法

スピンバイクってなに?どのメーカーがオススメ?

そもそもスピンバイクって何?

「そもそもスピンバイクって何?」という方は意外と多いんじゃないかと思います。実のところ僕もエアロバイクしか聞いたことありませんでした。

スピンバイクもエアロバイクも「フィットネスバイク」の一種です。

2つの違いを簡単に表にまとめてみました。

特徴 エアロバイク スピンバイク
電源 必要 不要
ペダルの負荷 磁力で調整 ホイールを押さえて調整
重さ 比較的軽め 比較的重め
大きさ 比較的コンパクト 比較的大きめ
静音性 静か 少し音が出る
用途 軽い運動・健康維持 ダイエット・トレーニング

比べてみるとエアロバイクの方が良さげな感じがしますね。

なぜ「エアロバイク」ではなく「スピンバイク」を買ったか

workout2

結論から言えば、30分以上の運動をする可能性がある」「負荷をかけて本格的なトレーニングをしたい」のであればスピンバイクの方がオススメです。

「エアロバイク」は、磁力でペダルの重さを調整します。その際に内部で熱が発生してしまうため長時間使用することができず、ほとんどの機種では基本的に30分以上の運動ができません。

また、安価なものは負荷があまり強く設定できないため、本格的なトレーニングをしたいという方には向いていないようです。

ちなみに30分間バイクでトレーニングして消費できるカロリーはおよそ150~300kcal程度。体重を1kg落とすためには約7,000kcalが必要と言われています。

健康を維持する程度ならエアロバイクでも十分そうですが、僕はあわよくばダイエットもしたいと欲張ったのでスピンバイクを選びました笑

スピンバイクを買うならどこのメーカーがオススメ?

スピンバイクを購入する際に候補となるのが下記の2つのメーカーになると思います。

①ハイガー産業

群馬県に本社を置くメーカー。低価格ながらもアフターサービスなどはしっかりしていて、良い評判が多い印象です。価格を抑えつつも、安心して使用できるスピンバイクが欲しいという方にハイガー産業の商品はオススメです。

 

②アルインコ

大阪に本社を置く創業80年以上の老舗フィットネス機器メーカー。低価格のものから高価格帯までグレードの幅が広い印象です。Amazonや楽天などでも常にランキングの上位にアルインコ社の商品があり、非常に人気があります。

正直なところ、2つのメーカーにそれほど大きな差はありません。あとはデザインの好みやセールのタイミングで安く買える時に当たるかどうかかと思います。

僕の場合、部屋がそこまで広くはないので、コンパクトで圧迫感の少ないカラーのスピンバイクを探していました。

ハイガーの「HG-YX-5006」はカラーバリエーションに白があり、当時たまたまセールをやっていて安く買えたのでそちらを選びました。

また、ベルトやブレーキなどは消耗品なので、交換用パーツがAmazonなどですぐに手に入るというのも決め手になっています。

 

ハイガーHG-YX-5006の開封と組み立て

佐川急便のお兄さんが重たいダンボールを部屋まで運んできてくれました‥感謝!

早速この巨大なダンボールを開封していきます。

HG-YX-5006

スムーズな開封の仕方や組み立ての手順などは説明書の表紙のQRコードから閲覧できるので安心です。

ダンボールを開封しました。本体は重量があるので床を傷つけないために何かシートなどを敷いた上で作業すると良いかと思います。

HG-YX-50063-部品

見ての通り最初からほとんど出来上がっている状態です。ここに土台やサドル・ハンドルなどを取り付けていきます。

HG-YX-5006説明書

説明書もかなり丁寧に書いてあるので、これを見ながら組み立てれば問題なく出来るかと思います。不器用な僕でもできたので大丈夫です。

HG-YX-50069土台

ただし説明書を読まないと、こんな風に土台を反対に取り付けて泣いたり、

ハンドルを逆に取り付けて絶望することになるので注意してください笑

HG-YX-5006完成

悪戦苦闘しながらも、なんとか約2時間くらいで組み立てることができました。

器用な方はもう少し早く出来るかと思います‥!

巨大なダンボールの処理と大量の発泡スチロールのゴミの片付けが意外と大変でしたので、その点に関してはご注意ください。

ハイガーHG-YX-5006をしばらく使ってみた感想

思ったよりコンパクトで、ペダルを漕いだ時の音も静か。

HG-YX-5006設置

部屋の片隅に設置しましたが、思ったより圧迫感を感じないで過ごせています。1畳位のスペースがあれば十分設置できそうです。

色も白にしたことで部屋に馴染んで良かったです。

実際にペダルを漕いだ時の音ですが、「シュー」というホイールとブレーキパッドが擦れる音がするくらいで非常に静か。夜に使用しても全く問題ありません。

場所を少し移動したい時は、前の土台に付いているキャスターを使えば女性でも比較的楽に移動できるかと思います。重さは26kg位なので、割とそのまま持ち上げるのにも苦労しませんでした。

付属しているメーターはオマケ程度に考える

付属しているメーターでは運動時間/速度/距離/カロリーなどが表示されますが、1つずつしか表示できないため、全てのデータを見るためにはいちいち切り替えないといけません。

HG-YX-5006のメーター

もちろん運動の記録を保存しておいたりすることもできないので、これだけではトレーニングのモチベーションを保ちにくいかもしれません。

ハイガーの上位機種であればもう少し見やすいメーターがついてくるのですが、HG-YX-5006のメーターはオマケ程度に考えていた方が良いでしょう。

30分以上乗っているとお尻や手が痛くなってくる

HG-YX-5006のサドル

付属しているサドルの質自体は全く問題ないのですが、長時間乗っているとどうしてもお尻が痛くなってきます。

サドルに柔らかめのカバーをするだけでも痛みを軽減できるかと思います。

また、前傾の姿勢になるので長時間使用していると手に負荷がかかかります。運動中は手に汗もかきやすく、グリップ力を高めるためにもサイクリンググローブなどを準備しておくとより快適にトレーニングができそうです。

スピンバイクのペダル

ペダルも若干トゲトゲしていて、靴下や裸足のまま漕いだりができないタイプなので、気軽に乗れるようにするためにも、ペダルの交換をされることをオススメします。

spinbike-pedals-thumb
スピンバイクのペダルは裸足で漕げるフラットタイプがおすすめスピンバイクやエアロバイクなど、フィットネスバイクのペダルを交換したいと考えている方に向けて、オススメの替えペダルと購入の際の注意点をご紹介します!...

ハイガーHG-YX-5006を更に活用するアイディア

付属モニターを取り外してiPadを設置してみる

HG-YX-5006とiPad

室内でフィットネスバイクを漕ぐ時の弱点は「景色が全く変わらないこと」です。

なのでジムのランニングマシーンやフィットネスバイクには、ほとんどの場合モニターがついていますよね。

僕はあまり役に立たないモニターを思い切って取り外して、iPadを置いたりしています。

ここで「Amazon Prime Video」を見たり、「U-NEXT」を流しながら運動すると急にジムっぽさが出てきます。

飽きずにトレーニングに打ち込みことができてオススメです。

その際、iPadはしっかりと固定して落ちてしまわないように気をつけてくださいね。

僕はスピンバイクをこぎながら、やる気を出すために「弱虫ペダル」を見たりしていますw

U-NEXTは31日間無料でトライアルできるので、まだ登録されたことがない方はぜひ1度試してみてください!

見逃し配信バナー

気付いたらVODを5個も登録していた、VOD廃人が選ぶオススメVODも良かったらのぞいてみてください!

おすすめVOD
U-NEXT・Hulu・NETFLIXなどVODを5つ登録して分かったおすすめVOD【無料体験あり】U-NEXT・Hulu・NETFLIXなど、VODに5つ登録してみて分かった、今試してみて欲しいおすすめのVODをご紹介します!...

 

【終了間近】10月14日まで!Amazon Audibleが3ヶ月70%OFF!

\詳しくはコチラをチェック!/

オーディブル
【期間限定】Audibleがプライム会員限定で3ヶ月70%OFF/試すなら今!Amazonの「Audible(オーディブル)」をご存知ですか? オーディブルは「耳で本を聴く」という新しい体験ができるサービスで...

 

Garmin+スピードセンサーでモチベーションキープ

トレーニングをするのに重要なのは「継続する環境を作ること」だと思っています。

そのためにはトレーニングのデータ取得を自動化して、日々の記録を見える化することが、モチベーションをキープするためにも非常に重要です。

ランニングやロードバイクをしている方にはお馴染みの「Garmin」ウェアラブルデバイス。こちらとケイデンスセンサーを使えば運動の記録をしっかり残すことができます。

僕はGARMIN Foreathlete45というモデルを購入しました。スピンバイクと合わせてしばらく使用した感想を書いていますので良かったらコチラも参考にしてみてください!

ForAthlete_thumbnail
GARMIN(ガーミン) ForeAthlete45の設定方法・使い方をレビュー!GARMIN(ガーミン) ForeAthlete45の設定方法・使い方をレビュー!...

心拍数以外に、運動時間などが計測できる他、別途センサーを設置すれば走行距離やケイデンスなどが自動的に記録できて便利です!

スピンバイクの購入を検討されている方は、しっかりと継続する環境を構築するためにも、ケイデンスセンサーとGarminの導入を検討されることを強くオススメします!

センサーの取り付け方やGarminの設定方法についても詳しくまとめましたので、興味をお持ちの方はこちらも併せてどうぞ!

ケイデンスセンサー
スピンバイクにケイデンスセンサーを付けて運動を記録する方法スピンバイクでの運動を習慣化するためには、ケイデンスセンサーを使った記録(ログ)の保存が有効です。スピンバイクを購入する際は、継続できる環境づくりも併せて行うことをオススメします!...

終わりに

workout

スピンバイクを家に置いてみて、外出しなくても好きな時に気軽に運動できるようになったので、運動不足やストレス解消にもなり、現時点では良い買い物をしたなと思っています。

だたランニングマシンやエアロバイクなどの大型フィットネス機器は次第に使われなくなって物置行きになったり、処分に困って部屋の片隅で埃をかぶっているということが多くありますよね‥笑

僕もなかなか習慣化するのが苦手で、途中で飽きてしまうことが多いタイプです。

このスピンバイクが物置行きになってしまわないように、継続できる環境・仕組みづくりを考えて、皆さんに共有していきたいと思います。

それでは皆さん健康で、素晴らしいお家時間をお過ごしください!