Oculus Go

【Oculsu Go】メガネユーザーも快適VR/眼鏡スペーサーの取付け方と注意点

接眼パーツを取り外した状態

Oculus Goはメガネをかけている人でも快適に使うことができるVRヘッドセッドです。

「眼鏡スペーサー」というものが付属しており、それを取り付けることで眼鏡をかけたままVRを楽しむことができます。

スマホを入れるタイプのヘッドセットではメガネをかけたまま装着できなかったので、個人的にとっても感動したポイントです(笑)

今回はOculus Goの眼鏡スペーサーの取付け方と、取付け後の注意点についてご説明します!

Oculus Goはほとんどのメガネフレームに対応

公式サイトを見ると、嬉しいことにほとんどの眼鏡フレームに合うようになっているようですね。

僕のメガネも問題なく装着できました。

 

眼鏡スペーサー表面

これがメガネユーザーの強い味方「眼鏡スペーサー」です。こんなペラペラのものをつけるだけで大丈夫なのか‥と最初は半信半疑でした。

 

まずはクッションパーツを丁寧に外す

接眼パーツクッション

まずはOculus Goのクッションパーツを外していきます。

レンズの下にくぼみがあるので、その部分から取り外すと楽に取れるかと思います。

レンズを傷つけてしまわないように気をつけましょう!

 

眼鏡スペーサーを取り付ける

接眼パーツを取り外した状態

クッションパーツを外すとこんな状態になります。

上下に2つずつ穴があいているのが分かりますね。

眼鏡スペーサーの裏面

これは目鏡スペーサーの裏側です。丁度穴にはまるように突起があるので、これがはまるように設置しましょう。

その後は取り外したクッションパーツを元に戻して完了です!

 

眼鏡スペーサーを取り付ける時に気をつけること!

センサー部分に注意

僕が目鏡スペーサーを取付けた時に困ったことはOculus Goを装着しても画面が真っ暗になったまま動かなくなってしまったことです。

その時は検索しても解決方法がよく分からず、3回位セットアップをやり直したりして30分位悩みました(笑)

初めて購入した方に気をつけていただきたいのが、Oculus Goには眉間の部分に起動センサーがあるということです。

このセンサーがクッションの下になってしまったり、前髪でセンサーが隠れてしまったりすると起動しません。

Oculus Goを装着しても画面が真っ暗のまま動かないという時は、センサー部分が原因の場合が多いのでチェックしてみてください。

 

メガネをかけたままOculus Goを装着してみた感想

実際にメガネをかけたままOculus Goを使ってみました。

仰向けに寝たまま長時間使ったりしていると、メガネの鼻パッドの部分が少し痛くなってきたりしますが、映像の見え方などは全く違和感なく使えていて個人的には大満足です!

「メガネをかけているから‥」という理由でVRを敬遠してきた方も、Oculus Goなら安心してVR体験ができますよ!

Oculus-Goのサムネイル
【Oculus Go】VR初心者にオススメ/購入方法からセットアップまでVR入門機の決定版「Oculus Go」を購入したのでレビュー!初心者にオススメの理由や、Oculus Goのセットアップ方法などまとめてみました。今年こそVRを始めてみませんか?...