【公式サイト】Insta360 SALE中|最大18,880円割引

MagFloレビュー|iPadをより自由に使えるVesaマウント

当ページにはプロモーションが含まれます
  • URLをコピーしました!
KSK360

お手持ちのiPadをデスクでもっと使いやすくしたいという方に朗報です!

World Gadgets(ワールドガジェッツ)さんから非常にユニークな商品が登場しました。

その名も「MagFlo(マグフロ)」

なんとiPadをモニターアームに取り付けて、自由な位置に配置して使えるようになってしまうんです。

今までにありそうで無かった商品ですよね…!

今回MagFloを先行してご提供いただけたので、色々試して分かったメリットや注意点などをまとめていきたいと思います。

この記事はWorld Gadgets様から製品をご提供いただき執筆しています

MagFlo
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 脱着のしやすいマグネット吸着が斬新かつ便利
  • デスク上でiPadを自由な位置に配置して使える
  • 充電しながら作業しやすいコの字型のアダプターが付属
デメリット
  • 別途モニターアームを用意・購入する必要がある
  • アーム調整時にiPadが落下する危険性があるので注意
目次

MagFloの特徴は?

MagFloにペタッとくっつくiPad

MagFloはiPad専用のVesaマウントアクセサリーです。

iPadをモニターアームで使うとなると、従来は上下で挟み込んで固定するタイプがほとんどでした。

しかしながらMagFloは磁石でペタッとくっつけて固定することができる画期的な製品になります。

強力なネオジム磁石N52を採用しており、長時間使用してもズリ落ちるような心配がありません。

磁石でくっつけるだけなので脱着も非常にスムーズ。

モニターアームで自由なレイアウトを楽しめるだけでなく、デスクから移動する際は手軽に取り外してiPadを持ち運びできるので、最大限にiPadを活用したい方にオススメできるアイテムです。

KSK360

MagFloと一緒に使えるiPadケース「MagFolio」もオススメ!

あわせて読みたい
【レビュー】MagFolio/機能性・コスパ最高峰のiPadケース iPadのケース選びって種類もたくさんあるし本当に迷いますよね~。 あーでもない、こーでもない…と理想を追い求めながら、僕も長年色々な製品を試してきました。 そんな...

MagFloのスペック・質感

簡単にMagFloのスペックをご紹介。

■サイズ、重量
12.9インチ用:14.5 x 26.5 x 0.5cm, 480g
11インチ用:13.7 x 24.0 x 0.5cm, 350g

■対応端末
12.9インチ:iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)
11インチ:iPad Pro(2018, 2020, 2021, 2023年式)および11インチiPad Air(2020, 2022年式)

■カラー
グレーのみ

■素材
アルミニウム合金、シリコン

外箱はこんな感じです

MagFloの同梱物はこちら。

  • MagFlo本体
  • 専用ネジ、ワッシャー各6個
  • コの字コネクタ

MagFloを初めて触った時に、予想以上にアルミの質感が良く、高級感があるなと思いました。

iPadの接地面はやわらかいシリコン素材になっており、本体に傷が付きにくいように配慮されている点も好印象です。

また付属しているコの字型のコネクタもポイントが高いです。

【画像引用:MagFlo商品ページ】

こちらを活用することで、充電ケーブルをスッキリとまとめることができます。

随所に細かな配慮がされているなぁという印象です!

MagFloの取り付け方と注意点

MagFloの取り付け方はモニターアームのVesaマウントに、付属のネジでしっかりと取り付けるだけで完了です。

とっても簡単ですよね。

今回MagFlo用に気合を入れてブラックフライデーのSALEでエルゴトロンのモニターアームを購入しました。

早速設置してみたところ問題が発生…!

ぴょんぴょん跳ねるエルゴトロン

なんとiPadが軽すぎてモニターアームが下まで降りてこず跳ね上がってしまいます…

エルゴトロンのLXであれば恐らく問題なく使用できていたと思われるのですが、今回間違えて別のタイプのMXVを購入してしまいました。

アームの関節が比較的高い位置まで伸びているタイプなので、iPadも高い位置に固定されてしまいます。

KSK360

せっかく買ったのに使えなくて絶望

メインモニターで使用しているAmazonベーシックのモニターアームに変えたらなんとかなるか…?と思ったのですが、こちらも同様に重さが足りず跳ね上がってしまいました。

救世主「長尾製作所」のカメラ&マイクマウント

ここで諦めるわけにはいかないので、マウント部分にどうにかして重さをプラスする方法を検討。

長尾製作所のモニターアーム用VESAカメラ&マイクマウントが余っていたのでダメ元で設置してみることにしました。

右下のネジ穴を使用して設置してみた結果がこちら。

若干グラつきますが、持ち手がついて良い感じに。

ただそれでも跳ね上がってしまうので、更に重石としてミニ三脚を後ろに置いてみたところ、無事に固定できるようになりました!(良かった)

意外と良い組み合わせを発見したかも

見た目がやや不恰好になりましたが、実は意外とメリットもあります。

実はMagFloの注意点の1つとして、横からの力に若干弱い点が挙げられます。

位置を調整しようとして、iPad本体に力を加えてしまうと、MagFloから外れて落ちてしまう恐れがあります。

実際に何度か落としかけたことがあったので、使用時にはご注意ください。

僕はiPadを裸で使用するのが怖いのでケースを付けているのですが、それも吸着力を弱めてしまっている要因です。

あわせて読みたい
iPad Magic Keyboard対応/「SwitchEasy CoverBuddy」レビュー [chat face="ksk3602104.jpg" name="KSK360" align="left" border="gray" bg="gray" style="maru"] どうも!KSK360(@ksk360review)です[/chat] iPad Air4に最適なケー...

VESAカメラ&マイクマウントの持ち手の部分で位置を調整することで、iPadがMagFloから外れてしまう危険性を減らせたので、意外と良いカスタマイズなんではないかと自分に言い聞かせています。

KSK360

もっと良いセッティングがあれば教えて欲しいです…!

まとめ

今回MagFloのレビューをさせていただきましたが、特にお伝えしたいのは以下の注意点です。

MagFloの注意点
  • モニターアームの選び方は慎重に!
  • iPadが外れる危険性があるので、位置を調整する時は気を付けて!

僕のように、モニターアーム選びをミスってしまうとシンプルな運用ができなくなってしまいます。

費用を抑えたいという方は、エルゴトロンのような大型モニター向けのアームではなく、もう少し安価な5,000円以下位のモニターアームでも問題なく運用できるかと思います。

注意点はあるものの、製品自体は非常にユニークで、iPadの活用の幅が広げられるのでオススメです!

現在キャンペーンを実施中なので、気になる方は是非公式サイトをチェックしてみてください!

またMafFloと一緒に使える機能性・コスパ共に最高峰の2in1 iPadケース「MagFolio」も良い製品なので気になる方は是非チェックしてみてください!

あわせて読みたい
MagFloレビュー|iPadをより自由に使えるVesaマウント お手持ちのiPadをデスクでもっと使いやすくしたいという方に朗報です! World Gadgets(ワールドガジェッツ)さんから非常にユニークな商品が登場しました。 その名も「...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次