【比較レビュー】ベルモンドの充電器/Ultra Mini 30WとUltra smart charger Mini 20W

bellemond
  • URLをコピーしました!
KSK360

外出するときは充電器とモバイルバッテリーを持っていないとソワソワしちゃうKSK360@ksk360review)です

最近ではiPhoneやiPadに充電器が付属しなくなったこともあり、20〜30Wの急速充電器はマストアイテムになりつつありますね。

その一方で、いざ充電器を購入しようとすると色々と種類が多すぎて、結局どれを買えば良いのかよく分からなくなることはありませんか…?

低価格の充電器は品質に不安がありますし、最悪の場合火災や機器の故障などにつながりそうなので、よく分からないメーカーの製品は極力選ばないようにしています。

おモチさん

充電器は何よりも「安全性」が大事…!

僕はとりあえず迷ったら信頼できるAnkerの製品を買うことが多いのですが、価格の面などからもう少し選択肢が欲しいとも感じていました。

そんなところ縁あって国内メーカーのBELLEMOND(ベルモンド)さんから、急速充電器をご提供いただきました。

「Ultra Mini 30W」「Ultra smart charger Mini 20W」の2つは発売したばかりの新製品です。

こちらの2つを比較しながら、急速充電器を探している方や、20Wか30Wのどちらを買えば良いのか迷っている方に向けて、実際に使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

本記事はメーカー様より提供の製品を使用し作成しています。

目次

BELLEMOND(ベルモンド)について

BELLEMOND(ベルモンド)は福岡のFun Standard株式会社が展開するモバイルアクセサリーブランド。

iPhoneやiPadの保護フィルムを中心に商品を展開し、国内外で300万枚を超える納入実績は多くのユーザーから支持されていることを裏付けています。

保証制度などのアフターサービスも充実しており、安心して購入できそうですね。

Ultra Mini 30W開封/スペック確認

まずはUltra Mini 30Wから開封。

外箱はこんな感じで爽やかなライムグリーンと箔押しのロゴが美しいデザイン。

付属していたのは取扱説明書のみでした。

これで本当に30Wでるんか?というレベルの小ささ。

公式動画もYouTubeにあったのでご紹介。

詳しいスペックはこちら。

入力100-240V〜50/60Hz,0.6A
出力5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A / 15V=2A / 20V=1.5A
PPS:5-16V=3A max
最大出力30W max
サイズ約30×30.5×30.5mm
重さ約35g
価格1,850円(税込)
Ultra Mini 30Wの特徴
  • PD出力30W
  • 次世代素材GaN採用
  • MacBook Airも充電可能
  • 業界最少クラスの急速充電器
超コンパクト

Ultra smart charger Mini 20W開封/スペック確認

次はUltra smart charger Mini 20Wを開封。

外箱のテイストは統一されています。

こちらも同様に付属していたのは取扱説明書のみでした。

こちらもUltra Mini30Wと同じくらいめちゃくちゃ小さいですね。

詳しいスペックはこちら。

入力100-240V〜50/60Hz,0.6A
出力5V=3A / 9V=2.22A / 12V=1.67A
最大出力20W max
サイズ約29.6×30×30mm
重さ約32g
価格1,480円(税込)
Ultra smart charger Mini 20Wの特徴
  • PD出力20W
  • iPhoneやAndroidの急速充電に
  • USB-Cポート
  • 超コンパクト設計
重さなんと32g

Ultra Mini 30WとUltra smart charger Mini 20Wの比較

見た目や大きさはほぼ変わらず

左:20W/右:30W

2つを並べて置いてみると大きさにほとんど差がないことがわかります。

Ultra smart charger Mini 20Wの方が丸みを帯びたデザインとなっていますね。

重さとしても3gしか変わらないので、持ち運びやすさなどは大きく変わらないかと思います。

iPhone13 Proの充電速度を比較

次にiPhone13 Proのバッテリーを0%の状態にして、20Wと30Wの充電器で1時間充電してみました。

結果はこんな感じ。

時間20W30W
5分9%9%
10分20%20%
15分28%30%
20分40%41%
25分49%49%
30分56%58%
35分64%64%
40分70%70%
45分75%76%
50分80%80%
55分82%83%
60分85%86%

なんと20Wと30Wで大きな差がありませんでした…!

iPhone13 Proの最大給電は23Wという情報を見かけたことがあったので、30Wの充電器の方が若干早く充電できるのではないかと勝手に思っていたのですが、実際はほとんど変わらないという結果に。

KSK360

高いW数の方が早く充電できると思ってたけどそうではないみたい…!

つまり、iPhoneを充電するというだけの目的であれば20Wの充電器で十分ということなんですね。

これは勉強になりました。

iPad Air4の充電速度を比較

続いてiPad Air4のバッテリーを0%の状態にして、20Wと30Wの充電器で1時間充電してみました。

時間20W30W
5分6%7%
10分10%12%
15分15%18%
20分19%23%
25分23%29%
30分28%35%
35分33%41%
40分37%46%
45分42%52%
50分46%58%
55分51%63%
60分56%66%

こちらは流石に差が出てくれましたが、1時間で10%位の差しかありません。

予想以上にUltra smart charger Mini 20Wが優秀ですね。

BELLEMOND(ベルモンド)の充電器の特徴

とにかくコンパクトで高コスパ

サイズ感としてはiPhone11まで同梱されていた、Apple純正5W充電器とほぼ同じくらいの大きさ。

これだけコンパクトだと電源タップなどに刺した時に他の給電口に干渉しない点も良いですね。

あとは価格ですが、こちらもAnker製品と比較するとリーズナブルで良心的なのがBELLEMOND(ベルモンド)の充電器の最大の特徴ではないかと思います。

LINE登録で保証期間が2年まで延長

BELLEMOND(ベルモンド)はアフターサービスも充実。

通常1年保証に加えて、ベルモンド公式LINEに登録するだけで、保証が延長されて2年保証になるんです。

その他にもチャットで商品に関して質問できたり、毎月20%OFFのAmazonクーポンが配布されるみたいなので、購入した際は友だち登録を忘れずに済ませておきましょう。

日本国内の安全基準「PSE」に適合

電気用品安全法(PSE)に適合している場合だけPSEマークを表示することができます。

表示するためには厳重な審査が必要で、マークのない製品は販売をすること自体ができません。

充電器は安全性で選ぶのが1番ですね。

また安全に高速で充電するためには充電器だけではなくケーブルも重要です。

持っていない方はPD対応のケーブルも合わせて購入すると幸せになれるはず。

BELLEMOND(ベルモンド)の充電器の気になったところ

プラグが折り畳めない

強いて挙げるならというくらいで、正直なところ折り畳めなくても十分コンパクトだからほとんど問題なし。

どうしても折り畳みたい人は他のメーカーを検討した方が良いかもしれません。

充電中は結構熱くなる

20Wの充電器でiPadを充電していた時に、充電器に触れると割と熱くなっていました。

30Wの方はGaN(窒化ガリウム)を採用しているため、比較的熱は抑えられている印象です。

電気用品安全法(PSE)を取得しているため安全性には問題ないかと思いますが、長時間使用するときは注意するようにしましょう。

まとめ:結局20Wと30Wどっちが良い?

価格差や対応する機器の幅広さを考えるとUltra Mini 30W」の充電器の方が個人出来にはオススメできます。

一方でUltra smart charger Mini 20Wは、6月30日までの期間限定で500円OFFのクーポンが出ているので、今なら980円で購入できてしまいます!

iPhoneやAndroid用にサブの充電器が欲しいという方は迷わず買ってOK。

おモチさん

この価格ならバッグに忍ばせておいたり、車にお守り代わりに1つ置いておくのも良さそう!

ということでBELLEMOND(ベルモンド)の新しい急速充電器のご紹介でした。

◎良いところ
△気になるところ
  • 圧倒的なコスパの高さ
  • 安心の国産・PSEも取得済
  • 保証期間が2年と充実
  • プラグが折り畳めない
  • 充電中は割と熱くなることも

安全性も高く、価格も本当に手頃で使いやすい充電器です。

急速充電器を選ぶ際の新たな選択肢としてぜひ検討してみてください!

bellemond

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる