自転車

スピンバイクのペダルは裸足で漕げるフラットタイプがおすすめ

spinbike-pedals-thumb

どうも!KSK360(@ksk360review)です。

この記事ではスピンバイクやエアロバイクのペダルを交換したい方に向けて、「オススメのペダル」と「購入時の注意点」を書いていきたいと思います。

ペダルを交換したいと思ったきっかけ

僕が今使っているスピンバイクは、ハイガーの「HG-YX-5006」です。

スピンバイクの中では比較的安価な部類ですが、作りはしっかりしているので気に入っています。

haige_YX-5006A
スピンバイク買うならハイガーHG-YX-5006がおすすめな理由ハイガーのスピンバイクHG-YX-5006の購入レビュー!運動不足解消やダイエットにオススメ。選んだ理由や実際に使ってみて分かった良いところ、悪いところを教えます。...

使っていると気付くのですが、付属しているペダルの表面が割とトゲトゲしていて靴を履かないと痛くて漕ぐことができませんでした。

スピンバイクのペダル

乗るたびにいちいち靴を履くのは若干面倒です…

この「面倒だな」という気持ちが少しでもあると、次第にスピンバイクに乗ること自体が面倒に変わり、せっかく購入したフィットネスバイクが置物になってしまう可能性があるので注意が必要です!

室内で使っているのであれば、気が向いた時にサッと靴下や裸足のまま乗れた方が絶対楽ですよね。

そう思って替えのペダルを探すことにしました。

ペダル交換の際「ボルトのサイズ」に気を付けて!

ボルトのサイズは2種類ある

ペダルを調べていると、どうやらフィットネスバイクのペダルに使われているボルトの大きさは2種類あるようで、9/16(ネジ径:約14.3mm) か1/2(ネジ径:約12.7mm)のどちらかになります。

HG-YX-5006の説明書にボルトのサイズが書いてあるかなと思って探したのですが、残念ながら記載が見つかりませんでした。

そこでペダルを一旦外して、定規で測ってみたところ大体13mm位だったので「1/2サイズ」のボルトが合うんじゃないかと思い「KONGの互換ペダル」を購入してみたのです。

見事にサイズを間違え返品するハメに…

スピンバイクのペダル

オチがバレバレで恐縮ですが、商品が届いてウキウキしながら取り付けようとしたら全くハマりませんでした…

HG-YX-5006のボルトのサイズは「9/16(ネジ径:約14.3mm)」なので、皆さんは間違えて買わないようにしてください!

そもそもフィットネスバイクやロードバイクなどのほとんどの商品が14.3mmのネジ径らしいです。

1/2(ネジ径:約12.7mm)は通称「米芯」ともよばれ、9/16インチと比べると細口になっています。こちらは主にビーチクルーザーやBMXなどに使われる規格のようです…

はじめてAmazonで返品処理をしましたが、Amazonの場合「送料」と「返品手数料」なるものがとられるようで、結局2,000円位無駄にしてしまいました😭

返品はなるべく避けたいところですね…痛いお勉強代でしたw

気を取り直して再度購入!

スピンバイクのペダル交換

挫けずに9/16(ネジ径:約14.3mm)のペダルを購入して取り付けてみました!

見ての通りフラットなペダルなので裸足でこいでも全然痛くないですし非常に快適です。

バンドの部分も長さが調節できるので、ちょうど良い位置に調整も可能なのが良いですね。

気軽に乗れるようになったことで、スピンバイクに乗る頻度が以前よりも増えたような気がします。頑張った甲斐があった〜!

おわりに

スピンバイクやエアロバイクなどのフィットネスバイクを習慣化していくためには、ケイデンスセンサーやGarminなどを使って、運動の記録を気軽に残すことができる仕組みを構築することをオススメしています。

詳しい方法は別の記事にまとめていますので参考にしてみてください!

ケイデンスセンサー
スピンバイクにケイデンスセンサーを付けて運動を記録する方法スピンバイクでの運動を習慣化するためには、ケイデンスセンサーを使った記録(ログ)の保存が有効です。スピンバイクを購入する際は、継続できる環境づくりも併せて行うことをオススメします!...

また可能な限り快適な環境を作って「面倒臭い…」と思う部分を排除してあげることが大切だと思っています。

そのために必要な商品や、よりフィットネスバイクでの運動が楽しくなるようなアイディアを今後も共有していく予定です!

ぜひ一緒に継続化に向けてコツコツ頑張りましょう!ここまでお読みいただきありがとうございました。